白にきびが炎症して赤にきびに。潰すとニキビ跡 ケロイドなどに

皮脂分泌が多すぎると毛穴から皮膚に出きれずに
毛穴の奥に皮脂が溜まってしまう事になります
10代で特に多く見られるのがこのパターンですね



乾燥肌の場合は角質が毛穴に詰まることがあり
角栓と呼ばれるフタができてしまった場合は
皮脂が排出されず溜まってしまうことになります
大人ニキビに多いのがこのパターンなのです

皮脂が溜まっていくコメドという状態が続くと
溜まった皮脂が毛穴の表面を膨れ上がらせます
白にきびと呼ばれるのがこの段階です




皮脂を出してしまおうとして手で触れたりすると
細菌が中に入って悪化する可能性もあるので
むやみに手で触れないようにしましょう

白にきびの段階で外にはみ出た皮脂が空気に触れ
酸化することで黒っぽくなることがあるのですが
それを黒にきびと呼ぶことがあります




黒にきびとなるのは比較的少ないですが場合によっては
色素沈着してしまいニキビ痕やシミとなる可能性があり
十分、スキンケアに注意することが必要となります

毛穴に溜まった皮脂は細菌の養分となることから
アクネ菌や常在菌と呼ばれる細菌が繁殖してしまうと
白にきびが炎症をおこしてしまい赤く腫れあがります
赤にきびは炎症によって腫れた状態のにきびなのです




赤にきびを潰すとケロイドとなりクレーターと呼ばれる
ニキビ痕になったり色素沈着してシミとなりますので
安易に手で触れずに適したスキンケアで改善しましょう

ニキビ痕がひどく残っていると完全に元に戻ることは
難しいのですが、薄く目立たなくすることは可能です
自宅でのニキビ用のスキンケア方法でも改善します

マニキュアの語源