ニキビ痕もビタミンCで治療できる。皮脂分泌や炎症を抑える作用も

ビタミンCといえばお肌の美白効果が知られますが
コラーゲンの生成にとって重要な役割を持つことは
意外と知られていないのではないでしょうか

サプリメントや食品でコラーゲンを摂取すると翌朝は
『お肌がプリプリ』がCMやグルメ番組の定番ですが
実は体内で作られるコラーゲンが最も効果があります

そのコラーゲン生成に必要なのがビタミンCというわけで
ニキビ痕のクレーター(凸凹)やケロイド状の肌を
コラーゲンによって盛りあげることで修復していくのです


ビタミンCには他にも皮脂分泌を抑制して肌の保湿を
しっとりすべすべした美肌状態を保つ役割もあり
メラニン生成酵素を抑えるので美白効果もあるのです

お肌の大敵、ストレスによって発生した活性酸素さえも
ビタミンCが還元して正常に戻すことも分かっています

ニキビを悪化させる細菌による炎症もビタミンCによって
抑えることができるので、白にきびや黒にきびにも有効で
赤にきびの予防にスキンケアすると跡も残りにくいですね

ビタミンC誘導体 美容液などで毛穴の奥まで浸透させるには

ビタミンCがニキビだけでなくお肌にとっても良いことは
分かっていても、難しいのがビタミンCをどのように
皮膚の奥に浸透させるかということなのです

ビタミンCの摂取方法には一般に口から飲用する場合と
肌に塗る場合がありますが、どちらが良いのでしょうか

ニキビのスキンケアということで考えると飲用するのは
皮膚までビタミンCが届かず効果が薄いといえるでしょう
内臓や筋肉など体を作る方へ先に使われるからです

お肌に塗って浸透させる方が皮膚、毛穴へは近いので
ニキビを改善するには適していることがわかりますが
これも簡単にビタミンCが浸透するわけではありません

酸化しやすいビタミンCの特徴をクリアすることで
化粧品などに配合する技術が研究されてきました
それがビタミンC誘導体という方法なのです

リン酸基と結合させるとビタミンCが酸化しにくくなり
効率的に化粧品などに使うことが可能となりました
ビタミンC誘導体は体内に入ると酵素の力によって
リン酸が離れるためにビタミンCとして働くのです

高濃度ビタミンCが配合されたものもあるので
数倍の効果でビタミンCを吸収させることができます


ニキビ痕のケロイドなどもこうしたビタミンCの効果で
改善することが可能となってきましたが、使用する場合は
ビタミンCの働きを引き出せる化粧品を選ぶことが大切です

マニキュアの語源