クレンジングオイルで毛穴の汚れを落とす時の注意点

毛穴に皮脂や汚れが詰まり、角栓がフタをすると
ニキビの原因になるので、それを落とす必要があります
洗顔によるスキンケアをするというのが一般的ですね

洗顔方法は年齢や肌質によって洗顔料も違うのですが
大人ニキビに悩む方は洗顔でファンデを落とす時などに
クレンジングオイルを使う場合は特に注意しましょう

毛穴の汚れを落とすつもりが実はクレンジングオイルが
中に残ってしまい、細菌の養分となって繁殖させるのです
ファンでと共に残ると悪化して炎症を起こすこともあります

もしクレンジングオイルを使う場合は念入りにすすぎ
毛穴の奥に残らないようにすることが大切なのです
こすり過ぎると肌を痛めるので加減も必要になります

特にオイリー肌の方はオイルがより残りやすいので
クレイタイプ(粘土)やジェルタイプのものなど
オイルタイプではないクレンジングを選びましょう


クレンジングオイルやクレンジング剤を選ぶ際には
界面活性剤が入っていないものがおすすめです

洗濯用洗剤などにも界面活性剤と記述されていますが
これは汚れを包み込んで浮き上がらせ落ちやすくする
成分の総称で石鹸や石油系合成洗剤までが含まれます

クレンジングに界面活性剤が入っていると肌を保護する
バリア機能を果たすための皮脂や角質などを必要以上に
落としてしまう危険性があるのです

正常な角質が作られず保水力が落ち潤いがなくなると
乾燥肌になる場合もあり、本来ニキビができるほどの
皮脂がある為にオイリードライ肌になることもあります

肌のバリア機能を壊さずに毛穴の皮脂やメイクの汚れを
正しくスキンケアするには界面活性剤を使用していない
クレイ(粘土)系のクレンジングなどを選びましょう


マニキュアの語源