ニキビの原因 アクネ菌や皮膚の常在菌も大きく影響

ニキビの治療薬の宣伝などでよく耳にするのが
アクネ菌ですが、どういった細菌なのでしょうか
医学的にアクネ桿菌と呼ばれる細菌がその正体です

毛穴の出口が皮脂や汚れで角栓でふさがれてしまい
皮脂が奥に溜まってしまうと細菌が繁殖しやすくなり
炎症を起こして腫れたり膿んだ状態になります

赤ニキビと呼ばれるのはこの状態のことですが、実は
アクネ菌以外の細菌も繁殖して原因となります
人間の体には腸や肌に常在菌が存在しているのです


皮膚の常在菌がやはり皮脂を栄養分にして繁殖すると
炎症を起こして前述のような赤ニキビの原因となります

一般にアクネ菌がニキビに関係すると思われていますが
研究の結果ではアクネ菌がいない肌にニキビができた場合
常在菌やカビの一種マラセチア菌が発見されているのです

顔ダニやニキビダニなど細菌以外にも原因となるのですが
共通するのはどれも皮脂を養分として繁殖することです

ニキビの予防や赤ニキビの治療をするにも大切なのは
皮脂が溜まって細菌やダニの栄養源にならないように
正しくスキンケアをしてお肌を健康に保つことですね


マニキュアの語源